男ならどっち!?

一人寂しそうに体育座りしている男性

見つめあっている男女

持続力なら一番!通販で買えるシアリス > 技術力に定評がある元ドイツのメーカー製、タドラ

技術力に定評がある元ドイツのメーカー製、タドラ

タドラは効果的なED治療薬と言われているシアリスのジェネリック薬です。
ジェネリック医薬品の効果は有効成分以外にも、製造技術や添加物の違いによっても変わってくると言われています。
タドラは高い技術力を誇るドイツの製薬会社を買収したインドのサイダスファーマ社から発売されており、シアリスのジェネリック薬の中では、タドラのED治療効果は他のものより高いと言われることが多いようです。
タドラの有効成分はタダラフィル20mgで先発薬のシアリスと同様、EDの他に肺動脈性高血圧症や前立腺肥大に伴う排尿障害の治療薬にも用いられます。
このため、全世界で多数の患者の使用実績があります。
ED治療薬としての効能としては、服用してから1~4時間ほどで男性自身の勃起力の補助が期待できます。
効果が現われると最大36時間、その効果が持続します。
服用方法は性行為3時間前を目安に、錠剤を水かぬるま湯と一緒に飲みます。
24時間以内に1錠を超えての服用は止めましょう。
勃起力がそれほど深刻でなければ、ピルカッターなどで半分に切ってから服用することも推奨されています。
タドラの有効成分タダラフィルの主な副作用としては、頭痛・鼻づまり・ほてり・めまいなどが挙げられます。
副作用は薬の効果が現われる同じタイミングで起こる可能性があります。
しかし、副作用は一時的なものと言われ、勃起力効果は持続することが多いと考えられています。
それでも風邪気味で体調不良であったり、体の抵抗力が低下しているときには、副作用が大きく現われる傾向がありますので、このようなときは服用を避けるか、服用量を調整する工夫をしたいところです。
注意することとして、服用当日は車や危険が伴う機械の操作はしないことが挙げられます。
またアルコールやグレープフルーツの摂取は薬の効果に悪影響があると言われていますので控えましょう。
ただ少量の飲酒は大丈夫なようです。
薬には相性があると言われます。
シアリス最大のジェネリック薬と言われているタドラでもED改善につながらない可能性もありますので、そのときは医師のアドバイスの下、別のED薬にチェンジすることも検討しましょう。
自己判断で服用量・回数を増やしたりすることは、多大な効果を発揮すると言われているタドラにおいても大変危険なこととなります。

インドの会社が買収、ジャーマンレメディーズ社製

ジャーマンレメディーズ(GermanRemediesLtd)社はドイツ・レメディズ社の現地による子会社として、インドのムンバイで設立した製薬会社です。
現在はインドの製薬会社であるザイダス・カディラ(ZydusCadila)に買収されいて、ザイダス・グループの製薬会社になっています。
1949年に現地子会社としてインド・ムンバイで設立されて以降、1989年には抗生物質の医薬品の販売を開始し有名な製薬会社になった歴史があります。
タドラはジャーマンレメディーズがリリースしているED治療薬で、タダラフィルを主成分にするシアリスのジェネリック医薬品にあたります。
タドラはシアリスのジェネリックなのでシアリスと同じ効果がありります。
心理的要因による心因性のものや神経や血管などの体に問題のある器質性のもの、心因性と器質性が組み合わさっている混合型のいずれにも効果を発揮することができるでしょう。
タドラの特徴として他のED治療薬に比べると効果はややゆるやかな傾向がありますが、最長で36時間という安定した効果が維持することが可能です。
服用のタイミングにあまり神経を使うことがなく、食事による影響もそれほどないのが特徴的で利用しやすいと男性に人気があります。
他のED治療薬と同じようにいくつか副作用があるので服用する際は注意が必要です。
特にタダラフィルの副作用として有名なものに偏頭痛があげられます。
他にはめまいや鼻づまり、鼻水や結膜充血、まぶたや目の痛みなども言われていて、男性専用になるので女性や子供は使用できません。
タダラフィルにアレルギーのある人も使用しないで、心臓病や脳卒中などの持病のある人は性行為そのものにリスクがあると判断される場合は服用しないでおきましょう。

技術力に定評がある元ドイツのメーカー製、タドラを読まれたあなたにオススメの記事