男ならどっち!?

持続力なら一番!通販で買えるシアリス

一人寂しそうに体育座りしている男性

見つめあっている男女

シアリス

シアリスは世界で3番目に開発された勃起不全の治療薬です。
バイアグラやレビトラと異なり遅効性があるため、効果が緩やかに現れます。
持続時間が長く最長36時間にわたってペニスを勃起させる効果が続きます。
シアリスは持続時間が非常に長いことからウィークエンドピルとも呼ばれています。
20mgの錠剤を金曜日の夜に服用すると、日曜日の昼まで効果が持続します。
週末に泊りがけでデートに行く場合などに最適なED治療薬です。

バイアグラ、レビトラよりも長く効くのが特長

バイアグラやレビトラは即効性があるため、空腹時に服用すれば20分から30分でペニスが勃起し始めます。
また血中濃度は服用後1時間ほどで最大となるので、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤がありますが、100mgは日本国内で未承認とされています。
利用するには個人輸入手続が必要です。バイアグラは用量に関わらず約5時間にわたって効果が持続します。
レビトラとシアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤があります。
病院ではいずれも主に10mgか20mgを使用して勃起不全の治療が行われています。
レビトラの持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間です。
シアリスは10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間とされます。
バイアグラやレビトラと比較すると、シアリスは持続時間が非常に長いのが特長です。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは分子構造がブロック状なため、体内でゆっくりと吸収されます。
バイアグラとレビトラ、シアリスには、いずれも血管を拡張して血流を促進する効果が存在します。
海綿体への血流が増えるため、ペニスが勃起しやすくなります。
血管が拡張されると血圧が低下するので、軽いめまいが生じる可能性が存在します。
また脳の血管が拡張されると神経を刺激し、軽い頭痛が生じる場合もあります。
その他にも頭部や鼻の粘膜、消化管が充血してほてりや鼻づまり、消化不良などが起こる可能性が存在します。

副作用は軽度であれば気にしなくても大丈夫?

めまいや頭痛などの症状は基本的に軽いため問題はありません。
ただしバイアグラやレビトラは即効性がありめまいなどの症状が出やすく、服用した患者の9割以上が発症します。
一方シアリスは効果が緩やかに現れるのでめまいなどが出にくく、実際に発症するのは3割ほどとされます。
シアリスは遅効性があり持続時間が長いだけでなく、体への負担が少ないED治療薬です。

食事の影響を受けにくいのは人気である理由の一つ

カルテを持っている女医

バイアグラは食事の影響を受けやすいため、服用前に食事を摂ると効果が半減する場合があります。
一方レビトラとシアリスは食事の影響をあまり受けないのが特長です。
レビトラはエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば問題なく摂取できます。
シアリスは服用前に800kcal以下の食事を摂取しても効果に大きな影響がなく、扱いやすいため人気があります。

効果が出るまで3時間、早めの服用を

シアリスの有効成分であるタダラフィルは遅効性と長い持続時間が特長です。
空腹時に服用すると、効果が現れるまで3時間ほどかかります。
効果を実感できるまで時間がかかりますが、持続時間は非常に長く最長36時間にわたって効果が続きます。
またタダラフィルは体内でゆっくりと吸収されるため、血圧低下に伴うめまいなどの症状が急に出ることがありません。
他のED治療薬と比較すると、体への負担が少ないというメリットがあります。
シアリスは服用してから効果が出るまで3時間ほどかかるので、性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
少量のアルコールで摂取することもできます。
アルコールは適量であれば気分をリラックスさせてシアリスの効果を助けます。
過度にアルコールを摂取すると、酩酊状態となり性行為自体が困難となるので注意が必要です。
またシアリスの服用後は血管が拡張されて酩酊しやすくなっています。服用後の飲酒は控える必要があります。
シアリスは効果が緩やかに現れるため、ペニスを自然に勃起させることができます。
また持続時間が長いので一定期間内に何度も服用する必要がありません。
病院で処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1700円で20mgは約1800円です。
その他にも診察料などが必要なので、総合すると1錠あたりの価格は約3000円になります。
10mgや20mgで用量が多い場合にはピルカッターで小さく割って服用することも可能です。

シアリスの歴史について

シアリスはヨーロッパで開発され2002年11月に承認されました。
2003年にはヨーロッパやオーストラリアなどで販売が開始され、11月にはアメリカで承認されています。
日本で承認されたのは2007年7月で、同年9月から販売が開始されました。
シアリスはもともとヨーロッパで開発されたED治療薬なので、体格が小柄な日本人には効果が強い場合があります。
最初は少ない用量から試し、自分の体質に合った用量を見つけることが重要です。
病院でED治療を受ける場合には、主に10mgか20mgのシアリスが使用されています。
5mgは効果が弱く、10mgや20mgを割れば代用できるためあまり使用されていません。
シアリスは遅効性があり持続時間の長いED治療薬です。
正しい服用方法を守れば、体に大きな負担をかけずに勃起不全を治療できます。

シアリスは通販で販売されている

青い買い物カート

シアリスは日本国内で承認されているので、病院で処方してもらうことができます。
一方バイアグラの100mgなどは承認されていないため、利用するには個人輸入手続が必要です。
シアリスも海外から安く個人輸入することが可能です。
インターネット上には、海外からの医薬品の個人輸入手続を代行する通販サイトが多数存在します。
未承認の医薬品でも、個人的な使用を目的とする場合は輸入できます。
また通販サイトでは直接的に輸入・販売を行わず、個人輸入手続を代行しているだけなので合法とされています。
病院でシアリスを処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1700円で20mgは約1800円です。
さらに診察料などが必要になります。
通販サイトでは20mgの錠剤が1錠あたり約1600円で販売されています。
3箱まとめ買いすると1錠あたりの価格は約1550円、7箱の場合は約1450円です。
通販サイトでシアリスの20mgを7箱まとめ買いして、ピルカッターで半分に割ると10mgあたりの価格は約725円になります。
シアリスはもともとヨーロッパで開発された医薬品なので、体格が小柄な日本人は10mgでも十分な効果を実感できます。
通販サイトでシアリスを個人輸入すれば、ED治療の費用が大幅に下がります。
健康上の問題がない場合には、通販サイトを利用して個人輸入する方が経済的です。
一方シアリスは服用できない場合が存在します。
健康上の問題がある場合には、病院で医師の指導を受ける必要があります。
狭心症などの治療に使用される硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を使用している場合は、血圧が過度に低下する可能性があるのでシアリスを服用できません。
網膜色素変性症の場合や直近3か月以内に心筋梗塞の既往歴がある場合、直近6か月以内に脳梗塞や脳出血の既往歴がある場合も同様です。
高血圧や低血圧、不整脈の場合は適切な治療が行われていれば服用できます。
血液透析中の場合は錠剤を5mgや10mgに割って服用し、慎重に経過を観察します。
シアリスは基本的に体への負担が少ないED治療薬です。
海外から個人輸入すれば、大幅にED治療の費用を下げることができます。しかし健康上の問題により服用できない場合も存在します。
硝酸剤などの医薬品を使用していたり、脳などに障害がある場合には病院で医師の指導を受ける必要があります。